HOME > ピックアップニュース一覧 > ピックアップニュース詳細
商品開発の方向性として「恵方巻」を専門店、スーパー惣菜、コンビニを分析。海鮮中心に高単価化が進み、調理技術を含めた品質面での差が気になりました。

 アンケート調査では、恵方巻を知っている人は95.7%でした。その内、食べたことがある人は78.4%、近畿・中国・四国で8割~9割で、東北・関東では、「ない」がまだ3割弱見られます。恵方巻を食べる予定・食べた人は、知っている人の5割強で2010年以降ほぼ同率でした。節分に「豆まき」や「豆を年の数食べる」は減少傾向 。という結果が出ています。売上確保のため、買上点数減を安易に単価アップでカバーしようとする考えが、特にスーパー惣菜で感じられれます。値頃感としては、海鮮で800円~1000円、それ以外の太巻は400円~800円位が買い易いです。単価を上げ過ぎて、値引きやロスが増えては意味がありません。購入動機は、中具の鮮度、品質と味、買い易い価格が決め手だと考えます。今回そのことをポイントに、スーパー、専門店、コンビニ計7社の今年の売り込み商品と思われるものを調査分析しました。

詳細は中食専門情報サイト「Dmi」に掲載しています。
http://souzai-deli.com/

 今注目のマーケット、商業施設は、中食に力を入れています。その中で人気の店舗、商品を調査、分析しました。今回は、その第3弾です。

今月号の特集記事

変貌が続く! 東京駅エキナカ・エキソト…グランスタ丸の内、大丸東京店 編

 東京駅丸の内地下改札を出てすぐに「グランスタ丸の内」が昨年8月完成オープン。飲食、カフェに惣菜デリ、スイーツ、食品など現在は15のショップが顔を揃えています。注目する飲食スポットのほかエリア内でテイクアウトできる惣菜デリを紹介します。
 また、「大丸東京店」は、八重洲地下中央口を出てB1階食品フロアー(ほっぺタウン)まで直結しています。常に賑わうフロアーのなかでも目を引く米飯商品に焦点をあてました。

節分「恵方巻」 マーケット情報

 今年の節分「恵方巻」は、昨年に比べ、スーパー惣菜、百貨店では昨年ほどの盛り上がりを感じませんでした。ベーカリー等の通常品揃えしない売り場、寿司売り場だけでなく、とんかつ専門店でも売り込みが強化され、品揃えの種類も多種になっていました。マーケットボリュームとしてはまだ伸びているものの飽和状態で、ある意味「いつどこにでも売っている」「決まったところで買う。」など日常化してきている感もありました。スーパー各社は、昨年同様主に1,000円前後の「海鮮巻」をメインに、300円台のベーシックな「太巻」から「サラダ巻」まで、バラエティ展開をしていました。アンケート調査結果では、「恵方巻」購買理由のベスト3は、「具材」「価格」「味」で、特に30代以上の女性では「具材」ということから、具材の鮮度、品質と味、買い易い価格が決め手だと考えます。数量計画に基づいた製造時間及び人時、原料分解し、欠品のない発注は綿密に組むべきです。

詳細は中食専門情報サイト「Dmi」に掲載しています。
http://souzai-deli.com/

「食品やサービスが3月1日から続々と値上げ。」・・・人件費や物流費の上昇、海外相場の変動による原材料高騰が影響、電気・ガスの値上げや野菜高騰で食料費上昇もあり、消費者の「体感物価」は統計数値以上に上昇しています。

 人手不足による人件費や物流費の上昇、海外相場の変動による原材料高が企業を直撃している影響で、3月1日から食品やサービスが相次いで値上げされました。例えばアサヒビールは物流費上昇を受け、1日出荷分から飲食店向けの業務用ビールを10年ぶり値上げし、他社も4月に追随することが発表されています。居酒屋などの値上げにつながる可能性もあり、好調な外食産業に影響しそうです。食品業界では、乳生産量減からアイスクリーム値上げやコーヒー用粉末ミルクの量目減、昆布の収穫量減から昆布製品の量目減など、消費者の負担が重くなるのは確実で、消費動向への悪影響も懸念されそうです。天候不順で野菜が高騰し、生鮮食品を含む食料費が上昇したほか、原油高による影響で、電気・ガス、ガソリンなどエネルギー関連の値上げもあり、消費者の「体感物価」は統計の数値以上に上昇していると思います。

 3月、4月の品質管理活動ポイント…食中毒増への対応と東京オリンピックに向け、食品衛生法改正案が今年の通常国会へ提案されます。要注意点は、工場での工程管理システムとして運用している「HACCP」による衛生管理のしくみをすべての食品事業者まで導入することです。

1.3ヵ年の3月、4月の食中毒要因

図 図

2.今月の注意事項

食品衛生法改正の注意点・・・現状、工場の工程管理システムとして運用している「HACCP」による衛生管理のしくみを、個人経営の飲食店まですべての食品事業者まで導入する計画

今回は、要注意ポイントである「HACCP」制度について理解しておきます。

図 図

詳細は中食専門情報サイト「Dmi」に掲載しています。
http://souzai-deli.com/

 3月安全管理活動ポイント…新入社員を受け入れる時期になりました。作業中の切傷、火傷など不慮のケガに備え防止に対する基本事項を特集しました。新人への注意喚起、また労災防止月間として取り組む際に活用します。

図
図 図

詳細は中食専門情報サイト「Dmi」に掲載しています。
http://souzai-deli.com/